月別アーカイブ: 1月 2013

突板のはなし。

突板とは、無垢材を薄くスライスしたものをベニヤに接着貼りした板材のこと。
無垢材の厚さは、薄つきから特厚まで様々ですが、一般的には0.2mm程度で、はがきのような薄さです。

何に使うかというと、僕の事務所では主に内部の木製建具や家具等に使用します。
無垢板と比べ 突板を使うメリットとしては、軽量化やコストの大幅な削減ができるので、今の建築には切っても切り離せない存在です。
(ビニル系シートを多用している建築にはあまり必要ないかもしれませんが) 続きを読む

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

積層材の階段

今泉の家、階段がつきました。
踏板も蹴込板(立上りの板)も積層材。
蹴込板は突板等の薄い板を使用するのが一般的だと思いますが、すべて厚み3cmの積層材にすることで、構造的に強固な階段になります。
どれくらい強固かというと、片方の壁にしっかり固定すれば、反対側の壁や下から支えなくても大丈夫なくらい強固になります。いわゆるキャンティレバー階段というヤツですね。 続きを読む

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

ダイニングテーブル

今泉の家のダイニングテーブル。
といってもまだ何も決まっていないので、昨日は木材市場に行って来ました。 続きを読む

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ