建方と引渡しと

週末(といってもすでに先週末のことですが)建方と引渡しが続けてありました。

「杜の家」は高台にたつ住宅です。

隣の家と比べると結構低くなっています。
ココらへんはいつも通りと言えばいつも通りなのですが、
当初、施主のお父様からは「周りの家より低いのはみっともないのでは」と反対されました。
でも、理由も説明して、上棟した後には「この方が落ちついて品よく見えるね」と喜んでもらえたので一安心です。


道路向かいにある小道からの写真。
相変わらず写真の腕が悪くて伝わりませんが、まるで「杜の家」のためのアプローチのようだねと、施主と話していました。


屋根に登ってみました。
とてもよい景色。
屋根の上に月見台でも作りたくなります。
まぁ、2階でも十分景色は良いのですが、今は足場とネットで見えません。

こちらは「一本田の家」の引渡し前の写真。

まだ工事車両やら脚立やら残ってます。
引渡し直前までバタバタしてしまいスミマセンでした。


消火栓標識との写真。
こういうの大好きです。
できれば、標識の赤が色褪せしてなかったらもっと良かったのに…とか思ってしまいます。
外壁は板金の長尺一文字葺きです。
しかも初体験のブルー。
当初は頭になかったのですが、施主夫婦そろってブルーが良いとの事だったのでちょっと冒険してみました。
板金のブルーが青空に映えるというのは意外というか、発見でした。


LDK。
吹抜けは幅は1.8mですが、奥行が8mあるので、とても開放感があります。
奥のダイニング窓にはお隣の竹林が青々としていて気持ちが良いです。


2階の寝る部屋。
とにかく開放的にという要望だったので、寝室も吹抜けと繋がっています。
5.5mのロック付の建具がありますので、仕切ると一転 落ちついた空間になります。


こちらはロフト付きの子供の部屋。
僕が子供の頃は男3人兄弟で6帖部屋だったなぁ。
うらやましい・・・。

カテゴリー: 日々の記録   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA