「太郎丸の家」上棟

昨日は「太郎丸の家」の上棟でした。

お昼は少し雨に降られましたが、それほど雨風とも強くなることもなく作業を終えることが出来ました。
大工さんはじめ、職方の方々、山﨑建設の監督さん、現場にも来て頂いたプレカットのクラシス スタッフさん、お疲れ様でした。
あと、施主様、おめでとうございます。ついでみたいな表現になってしまいましたが(笑)

dsc_2998_r
正面ナナメより。
本日中に屋根まで出来るかと思っていたのですが、契約前に急遽追加になったガレージもあり、初日は本屋の屋根仕舞で、下屋の垂木・野地板は翌日となりました。

dsc_3002_r
中庭より。
上棟で一番好きなタイミングは、垂木を伏せた直後。屋根野地板を張る前です。
いつもキレイだなぁって思います。
自分で言うのもかなり微妙ですが(笑)

ただ、他の方の建築でもいつも思うのですが、良い建築と言うのは構造も美しいです。
逆に構造が醜い建築は、竣工してもやっぱり・・・という建築が多いなと。

これからも美しい建築を造る手伝いができたらなと思います。

カテゴリー: 日々の記録   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA