敦賀のお菓子屋さん「agaru」

春頃から工事をしていた店舗兼住宅のリノベーション。
ようやく引渡しとなりました。(と言いながら、まだチョコチョコと残工事があるのですが)

敦賀市桜町に11月3日、文化の日にオープンするお菓子屋さん「agaru」です。

店名の「agaru(あがる)」には、
おいしいお菓子が焼きあがる、召し上がる、靴を脱いで部屋にあがる・・・など、
日々の中で、気分があがるひと時を過ごしてもらいたい
という思いが込められています。

オーナーの大谷亮子さんも、開業して30年近くになる方ですが、常に上を目指して頑張っている方です。
あと、とても笑顔がチャーミングで、タイトな工事現場の中でも和ませて頂きました。
家具等が入ったら、写真と もうちょっと詳しい店舗情報載せますが、今回はまたしても部分的な写真です。

dsc02576_r
ファサードにあるサイン。
ベースの金属はコルテン鋼です。今は銀色ですが すぐに錆びてきます。
数年で落ち着いた赤黒い層を形成して、それ以上はサビが侵食しにくい特殊鋼です。

dsc02577_r
コトリ。
急遽、大谷さんの無茶振りに答えて作りました。
製作者のTRUNK矢原さんの提案で、角を面取り。
肉厚な塗装と相まって、ツルツルポッテリとした陶器のような質感になりました。
この子はあまり目立たない所にいます。

dsc02581_r
ポーチ土間。
天然石のヘリンボーン貼り。

dsc02584_r
入口ドア。
杉赤柾をリブ加工してみました。大谷さんもとても気に入ってくださいました。
取手はよく使う南部鉄の取手。

dsc02585_r
ポスト。
フラップだけウォールナット。

dsc02591_r
店舗内の壁面タイル。
大谷さんが作る、おいしいガレットをイメージして選びました。
タイルも美味しそうです(笑)

dsc02588_r
お菓子屋さんになぜに ぬか漬けの本。
奥には桜並木が見えます。

dsc_3068_r
メインカウンター。
オリーブ突板、素焼のモザイクタイル、真鍮、ガラス。
多様な素材で出来てますが、ちゃんと纏まってると思います。たぶん。

ではでは、オープンまでもう暫くお待ち下さい。

カテゴリー: 日々の記録   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA