日射遮熱と日射取得って大事なの?

今回も山﨑建設プランナー大谷さんとのお勉強シリーズです。
日射を取入れたり、防いだりすることの大切さについて話しています。

■日射遮熱、日射取得ってどういう事?

あと、以前エアコンの選定ついて話した内容もついでにリンクします。

■エアコンのおはなし

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

VRオープンハウス

ユーグ(山﨑建設)さんの方で、VRオープンハウスというイベントやってます。
メルマガ登録必要ですが、僕の設計した住宅も5~6件ありますので、興味があれば覗いてみてください。
メルマガ登録すら嫌だ!という人は僕にメッセージもらえれば、僕の設計物件のみならお見せできます。

ユーグさんの申込受付:https://www.eugue.jp/contact
期間:4/17~5/29
※名前とメルアド、備考欄に「メルマガ登録希望」
と記入して送信

_DSC9096_R

asai_030_R

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

換気とウイルスのはなし

前回に引き続き、山﨑建設さんのauieブログで、新人プランナーの大谷さんとお話させてもらいました。
何回になるか分かりませんが、とりあえず暫く続けて行こうと思います。

今回は換気の話がメインです。
24時間換気は法令で義務付けられていますが、それが種類によって温湿度にどのように影響するか話しています。また、湿度とウイスル生存率についても話してますので参考程度に見て頂ければと思います。

■24時間換気のおはなし
■高断熱住宅とウイルスについて

上記リンクから見てください。

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

工務店の選び方

山﨑建設さんのauieブログで、新人プランナーの大谷さんと「工務店を選ぶ基準」についてお話させてもらいました。
今回は温熱環境メインのお話ですが、あまり深い話は分からないけど、ポイントを教えて欲しいという人の為に、具体的な数値や商品名を挙げて話しました。
ですので、あんまり掘り下げた話はしてません。
良かったらリンク先、覗いてみてください。

■工務店を選ぶ基準(前編)
■工務店を選ぶ基準(後編)

更に、それすらメンドクサイという人は…以下にまとめましたので参考にしてください。

①建物の断熱性能を表すUA値は0.45W/㎡K以下(低い方が高性能)
②温熱シミューレーションで具体的にエアコンの選定をしてくれる
③建物の隙間を表すC値は最低1.0c㎡/㎡、できれば0.5c㎡/㎡
④サッシュはオール樹脂製(YKKならAPW330樹脂スペーサー、LIXILならエルスターS)

これ、普通に真面目に施工してれば、難易度はそれ程高くありません。
が、全部できてる施工者はかなり少ないと思います。
何故上記が必要かという事は、文章量の関係上サラッとしか話してませんが、また掘下げて話していこうと思います。

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

「ホントは安いエコハウス」

久しぶりの投稿ですが、本の紹介です。

松尾和也氏の「ホントは安いエコハウス」
DSC02828

今回紹介させてもらったのは、この本が建築関係者はもちろんですが、これから家を建てようと思っている一般の方にも読んでほしいと思ったからです。
(かなりの)建築関係者が勘違いしている、又は理解していない事が、データや具体的な商品を紹介しながら分かりやすく説明してあります。

目次だけいくつか紹介しても

・自然素材 ≠ エコ
・工事費減 ≠ 経済性
・暖かさ ≠ プロは皆知っている
・エアコン選び ≠ 畳数(で選ぶ)
・日本の窓 ≠ 高性能
・湿度 ≠ 年中40~60%

等々、一般の方からみても興味をそそられませんか?
細かい内容まで分からなくても、さっと読むだけでも(とても有益な)新しい発見が沢山あると思います。
とにかく根拠がしっかりしているので、モヤモヤせずしっかり納得してもらえる内容だと思います。

個人的には書店で買って頂きたいのですが、福井県では置いてある書店は少ないかもしれません。
ネットでは建築関係ランキング上位になっているので探しやすいとは思います。

これを熟読してもらって、勉強不足の建築士がいたら、横っ面を叩いてほしいです(笑)

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

「莇生田の住宅」オープンハウス。

去年11月に着工していた「莇生田の住宅」もそろそろ完成です。
で、オープンハウスやることになりました。
今週末です。
もう明後日の事ですがご案内致します。

2017/6/3(土)12:00-18:00
2017/6/4(日)11:00-17:00
鯖江市莇生田町
https://goo.gl/u1Y95c
案内看板も会場付近にeugueさんのがある。はずです。

DSC_3197
正面。小波板の板金とレッドウッド羽目板張りの住宅です。
小屋のようなシンプルで階高を抑えた佇まい。
大工さんが最後の仕事、濡縁工事に来てました。
大変お疲れ様でした!

DSC_3198
南面は深い軒と、日射遮蔽の役割もする2階デッキが伸びます。

DSC_3192
LDK入口ヨリ。
土間がLDKの奥まで伸びてます。
天井からエアコンの冷媒管がぶら下がってますが、明日初採用のエコウィンハイブリッドを設置します。

DSC_3193
リビングから土間・階段を見る。
この季節は2階デッキのお陰で、もう直射日光は入ってきませんが、とても明るく清々とした土間スペースです。
玄関の土間が広いというより、LDKの土間に玄関がくっついてるイメージです。

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

ケーキとカフェ agaru

前回のブログでも紹介した敦賀のお菓子屋さんが11月3日にオープンしました。
ちょっと遅くなってしまいましたがご案内します。

ケーキとカフェ agaru
_dsc7189_r
仮のHPです。(http://a-ga-ru.jp/
場所や営業時間はagaruさんのホームページをご参照下さい。

辛党の僕が言っても説得力ゼロですが、おいしいケーキやお菓子がそろってます!
オーナーパティシエの大谷さんの人柄も含め、とても居心地のよいお店ですので、敦賀の方も遠方の方も是非行ってみて下さい。

_dsc7103_r
正面外観

_dsc7191_r
コルテン鋼のサイン
設置数週間で随分錆びてきました。
雨垂れのあとが良い感じに素材感を引き立ててます。

_dsc7125_r
裏手外観
川沿いに桜並木があります。

_dsc7165_r
大谷さんのケーキが並んでます。
僕もまだ全部食べてませんが、甘すぎずとてもおいしいです。

_dsc7130_r
カウンター席1
革とスチールのハイチェアは サジスペース中野さん と TRUNK矢原さん 合作。
サジスペースのハイチェアをagaru仕様にリデザインさせて頂きました。

_dsc7138_r
カウンター席2
桜並木とイチョウの木がキレイ。

_dsc7142_r
テーブル席
agaruでは8種類の椅子を使ってます。
有名無名含めどれも座りやすい椅子ですが、座り心地は違うので椅子好きなら座り比べても面白いです。

_dsc7177_r
_dsc7181_r
電球たち

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

敦賀のお菓子屋さん「agaru」

春頃から工事をしていた店舗兼住宅のリノベーション。
ようやく引渡しとなりました。(と言いながら、まだチョコチョコと残工事があるのですが)

敦賀市桜町に11月3日、文化の日にオープンするお菓子屋さん「agaru」です。

店名の「agaru(あがる)」には、
おいしいお菓子が焼きあがる、召し上がる、靴を脱いで部屋にあがる・・・など、
日々の中で、気分があがるひと時を過ごしてもらいたい
という思いが込められています。

オーナーの大谷亮子さんも、開業して30年近くになる方ですが、常に上を目指して頑張っている方です。
あと、とても笑顔がチャーミングで、タイトな工事現場の中でも和ませて頂きました。
家具等が入ったら、写真と もうちょっと詳しい店舗情報載せますが、今回はまたしても部分的な写真です。

dsc02576_r
ファサードにあるサイン。
ベースの金属はコルテン鋼です。今は銀色ですが すぐに錆びてきます。
数年で落ち着いた赤黒い層を形成して、それ以上はサビが侵食しにくい特殊鋼です。

dsc02577_r
コトリ。
急遽、大谷さんの無茶振りに答えて作りました。
製作者のTRUNK矢原さんの提案で、角を面取り。
肉厚な塗装と相まって、ツルツルポッテリとした陶器のような質感になりました。
この子はあまり目立たない所にいます。

dsc02581_r
ポーチ土間。
天然石のヘリンボーン貼り。

dsc02584_r
入口ドア。
杉赤柾をリブ加工してみました。大谷さんもとても気に入ってくださいました。
取手はよく使う南部鉄の取手。

dsc02585_r
ポスト。
フラップだけウォールナット。

dsc02591_r
店舗内の壁面タイル。
大谷さんが作る、おいしいガレットをイメージして選びました。
タイルも美味しそうです(笑)

dsc02588_r
お菓子屋さんになぜに ぬか漬けの本。
奥には桜並木が見えます。

dsc_3068_r
メインカウンター。
オリーブ突板、素焼のモザイクタイル、真鍮、ガラス。
多様な素材で出来てますが、ちゃんと纏まってると思います。たぶん。

ではでは、オープンまでもう暫くお待ち下さい。

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ

「陣ケ岡の住宅」オープンハウス。

「陣ケ岡の住宅」オープンハウスのご案内です。

10月22日(土)、23日(日)です。
今回は施工者であるeugue(山﨑建設)さん、大工工事のケーシューワークスさん、それと僕の3者で開催します。
eugueさんがオープンハウス案内を作ってくれたので、ご参照下さい。(他力本願!)

「オープンハウス案内」(←クリックして下さい)

当日はeugue(山﨑建設)さんの案内看板を目印にお越しください。

今回は新しい試みとして座談会も行います。
ま、eugue山﨑専務と竹内大工と僕とで話してるのを聞いてもらおうという、何ともしまらない話ですが。
でも色々面白い話が聞けると思います。たぶん。
お暇な方はどうぞ。

さて、今日は植栽の配置確認に行ってきたのですが、チョコチョコと写真撮ってきたのでアップします。

dsc_3060_r
正面。
玄関戸開けると裏手の雑木林が見えるというシュールな状況です。
下手な写真でイマイチ伝わらないですが。

dsc_3053_r
裏手。北面大壁。
正面も良いですが、施主が忙しい合間に塗装し、大工の竹内さん達が苦労して張ってくれた この大きな壁面が個人的には大好きです。

dsc02549_r
木製のFIX建具。
シンプルそうに見えて、地味に色々と配慮されている納まりです。
今回から木製建具のペアガラススペーサーをアルミ→樹脂に変更しました。(黒い部分です。ここまでしてる人はあまりいないかも)
これで、計算上は障子や厚手のカーテン閉めても結露はしないハズ。

dsc02552_r
建具の明り窓。
今回からは引手彫込みの形状に合せて、細長の窓に変更。ここに30mm厚のアクリルをはめ込みます。
建具は杉赤柾。

dsc02565_r
階段手摺。
比較的安価にできますが、施主もすごく握りやすいと喜んでくれた手掛り彫込み。
数年前から、木で手摺作るときは必ず彫込み入れてます。
床や階段は杉赤身材ですが、手摺は油分が多く しっとりとして手触りのよい桧にしてます。

dsc02558_r
階段降り口。
毎朝、階段を降りる時に、向かいの山桜の巨木が見えます。

dsc02567_r
屋根上の月見台に行く桧のハシゴ。

dsc02564_r
ハシゴがズレないようにウォールナットの楔を入れてます。(ちょこっと見えてるコゲチャのやつ)

dsc02571_r
最後に、雨の道。
タニタハウジングウェアのクサリ樋「ensui」。
雨樋は同社のガンメタ色ですが、クサリ樋は室内から借景を邪魔しないように、程よく主張するシルバー色と、2色使いとしました。
違和感なく馴染んでます。

以上、ミクロな部分を中心に写真アップしました。
内部も外部も見どころが一杯の住宅なので、見ていても楽しいと思います。

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | 2件のコメント

サワラの天井

「陣ケ岡の住宅」のサワラの天井です。
ずいぶん前に撮った写真ですが、危うくいつも通り撮るだけ撮って お蔵入りするところでした。
エンドウ建材店さんに納入して頂きました。

dsc02481_r
居間天井。
思ったより脂っけが多いです。
かなり在庫期間が長かったせいか、サワラの油分が染み出てきて艷やかです。
今は少し主張が強いですが、だんだんと馴染んでくると思います。

dsc02485_r
dsc02491_r
玄関通り土間。
これまでも、施主や近所の人が裏庭に渡るのに普通に素通りしてます。
これから松煙モルタルの土間や 杉赤柾の建具に囲まれた気持ち良い空間になります。

カテゴリー: 日々の記録 | タグ: | コメントをどうぞ