事務所紹介

事務所名:DEMU建築設計事務所(2009年設立)
業務内容:住宅、店舗の 新築・リフォーム・リノベーションの企画・設計・監理
管理建築士:出村昌也

Tel:0778-42-7916
Mobile:090-4327-8662
Fax:050-5893-2490
Mail:demu@demuken.jp
所在地:〒915-0244 福井県越前市西樫尾町7-24-2 [MAP

旧今立町、三里山の麓にある事務所兼自宅の紹介です。
南道路面に築山を配置して視線を緩やかに遮り、同時にご近所さんに緑を提供できるよう考えました。また、外壁は周辺環境に馴染む県産杉のファサードラタン(スノコ張り)です。
広い玄関土間に面したリビングは南面全面開口とせず、壁も多めに配置しているので、天井高の低さと相まって、とても落ち着いた空間です。その分、玄関土間や縁側(廊下)、洗面に南面開口を設けているので各エリアとても明るく、また冬季の日射熱取得にも貢献してます。LDKに南面開口が集中していないのは、僕の設計の中でもちょっと変わった間取りですね。

高度な断熱性能を示す水準「HEAT20-G2」を満たした建物です。他の施主宅と同様、冬季は晴れていれば無暖房で十分暖かいです。この建物の場合は無暖房でも24~26°程度まで上がります。
温熱環境の2019年実績は以下の通りです。(※熱源は8畳用壁掛けエアコン1台)

冬季
リビング温度は22~23°程度。トイレ等バックヤード温度も19°を下回る事はない
湿度は45~50%で推移(加湿器は不使用)
夏季
温度は家全体で26~28°程度で安定
湿度は梅雨時期含め50~60%で推移
上記のような環境で、平均的な新築住宅と比べても電気代はかなり安いと思います。

モデルルームの役割もあるので、仕上材もうるさくならない程度に多種類使っています。木材関係で、杉、栗、ナラ、桧、栂、チェリー、メープル、ラワン、シナ等。壁天井仕上で、漆喰・越前和紙・タイル・モイス・エコクロス(エッグウォール)、石膏ボード素地仕上等。それぞれ肌触りや硬さも違うので直接触って違いを感じてもらえると思います。

お電話やメール頂ければ、設計依頼とかなしでも見学して頂けますので、気軽にご連絡ください。同業者の方でも結構です。

地域に面する前庭。現在はさらに植栽が増えて、雑木を中心に大小50本程度の樹木が植えてあります。大部分は自分で植樹しました。

今回実験したみたことの一つ。濡縁高さ(=床レベル)と庭の高さを近くしている。室内から庭が自然に繋がる。

大きな窓がある気持ちの良い玄関土間。

玄関土間に面したリビング。左奥の洗面等バックヤードと右奥のダイニングは繋がって回遊できる動線。僕も子供たちも気持ちの良い左側から回ることが多い。

2階ホール。家じゅう温度差が少ないので、ちょっとしたスペースに椅子やラグを置けば、ボーっとできる空間になる。

事務所、打合せスペース。奥に小屋裏収納があり、そこに唯一の熱源の2.5kW(8畳用)エアコンが設置されている。

2分割できる子供部屋。床は杉有節材、壁は内装モイス、天井はラワン合板と、どれもラスティックな素材だけど、緑のカーテンがやさしい空気感をつくってくれている。